仮想マシン - Linuxインストール手順



sv31_1.jpg

まず、一番上の「Install or upgrade an existing system」を選択した状態でエンター。




sv31_2.jpg

つぎに、「Skip」が選択されている状態でエンター。




sv31_3.jpg

「Next」をクリック




sv31_4.jpg

「japanese(日本語)」を選択し、「Next」




sv31_5.jpg

つぎも、「japanese(日本語)」 を選択し、「次」




sv31_6.jpg

「基本ストレージデバイス」を選択して、「次」




sv31_7.jpg

「どのようなデータであっても破棄してください(Y)」をクリック




sv31_8.jpg

ホスト名を設定して、「ネットワークの設定」をクリック




sv31_9.jpg

「System eth0」を選択した状態で「編集」をクリック




sv31_10.jpg

「自動接続をする」を選択して「IPv4のセッティング」を開き、「自動(DHCP)」を選択して「適用」




sv31_11.jpg

「閉じる」をクリック




sv31_12.jpg

「次」をクリック




sv31_13.jpg

「アジア/東京」を選択して「次」




sv31_14.jpg

パスワードを入力して「次」




sv31_15.jpg

(パスワードが弱いと警告がでるので、もう一度設定し直すか、このまま通すか選択)




sv31_16.jpg

いずれか1つを選択して「次」(今回は すべての領域を使用する を選択)




sv31_17.jpg

「変更をディスクに書き込む」をクリック




sv31_18.jpg

「Desktop」「CentOS」「今すぐカスタマイズ」を選択して「次」




sv31_19.jpg

「Webサービス」から「PHPサポート」と「Webサーバ」にチェックをいれる




sv31_20.jpg

「データベース」から「MySQLデータベースサーバー」「MySQLデータベース接続クライアント」にチェックをいれて「次」




sv31_21.jpg

インストールが完了したら「再起動」をクリック




sv31_22.jpg

再起動が完了したら「進む」をクリック




sv31_23.jpg

「はい、ライセンス同意書に同意します」を選択して「進む」をクリック




sv31_24.jpg

「ユーザ名」「フルネーム」「パスワード」を入力して「進む」をクリック




sv31_25.jpg

(パスワードが弱いと再設定するかどうか尋ねてきます)




sv31_26.jpg

「ネットワーク上で日付と時刻を同期化します」にチェックをいれて「進む」をクリック




sv31_27.jpg

「OK」をクリック




sv31_28.jpg

「終了」をクリック




sv31_29.jpg

先ほど設定したユーザを選択




sv31_30.jpg

パスワードを入力




sv31_31.jpg





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。